toggle
2019-10-23

くるはらきみ

Kuruhara Kimi

東京生まれ

多摩美術大学で洋画を学ぶ。
学生の頃より人形制作を始める。
1999年 新世紀人形展入賞により人形作品の発表の場を得て以来、個展開催、グループ展参加多数

2000年より住居を長野県に移し、自然の豊かな環境で制作をしています。

長野県在住

URL https://kurukimi.wixsite.com/kurukimi

出品作品「木の子」
30cm (台座付で40cm) 木の粘土 SOLD
縮緬の布の帽子がきのこの傘に見えます。

見付けた木の枝から、そこに乗せるに相応しい人形を考えました。
素材は木の粘土、油彩仕上げです。
衣装の素材は、帽子とエプロンドレスに絞り染めの古布を使って、キノコの表面感を出しました。

関連記事